Levels of Giftedness (ギフテッドのレベル)

ギフテッドの判別法として一般的に参考にされているもの
の中に知能検査(IQテスト)があります。

アメリカの多くの学区などでも、GATE(ギフテッド&
タレンテッド)プログラム
の選別方法の一つとしてIQ
(知能指数)テストの値が用いられています。

しかし、近年の教育予算削減により、多くの学区ではギフテッド
プログラムの廃止や、削減、そしてWISCStandford-Binet
(SB5)
などといった個人別IQテストを与える余裕
さえなくなってきています。

(こういった個人テストは時間がかかるので学区にとっては不経済的)

又、自分の子にギフテッドの疑いがあったにしても、なかなか
自腹を切ってプライベートのギフテッド専門サイコロジストに
テストしてもらうというのも経済的にもそうそう簡単な事
ではありません。

しかし、子どもの才能や能力を最大に伸ばしていく為には、その子
に適した教育プランを立てていく事が重要となってきます。

そのしっかりとしたプランを立てる為には、子供の現在の能力や
可能性、そして学習スタイルなどをしっかり把握する事から
始まります。

つい最近、私が登録しているギフテッドのサイト
「Educational Options」から、この度新しく、
「The Ruf Estimates™ of Levels of Gifted」という
オンラインで出来るアセスメントを開発した、という通信を
受けました。

このツールは、実際子供をプライベートのサイコロジストに
連れて行く前、親達がオンラインにて比較的簡単に子供が
ギフテッドかどうか、又その場合どのレベルに相当するかと
いうのを予想した、言わば「ギフテッドレベルの見積もり
をはじき出してくれるというものらしい。

個人にあった教育プランを立てていくには、ギフテッドか否か、
という判定も大切ですが、それ以上に

ギフテッドの中のどのレベルに属するか

という事が非常に重要なのです。

そのサイトはコチラ(英語ですが)→ TalentIgniter

サイトの中にはギフテッドのレベルについても詳しく説明されています。
             
        Ruf Estimates™ of Levels of Gifted
          (ルフのギフテッドレベル推定)

      The Five Ruf Levels of Gifted (Levels 1-5)

Level One レベル1 (IQ 117-129) WISC-III 130-145

・ 2歳前から色や、数をかぞえたり、パズルをしたりといった色々な
  事に興味を示す。

・ ほとんどの子が3歳でよく話し、4歳までには文字や数字を書いたり、
  標識や自分の名前やアルファベットなどを認識する事が出来る。

・6歳になる前に簡単な本を読み始め、コンピューターでタイプする
 事ができ、ほとんどが7歳迄にチャプターブックを読む。

Level Two レベル2 (IQ 125-135) WISC-III 145-160

・ 15ヶ月迄にはすでに本を見たり、読んでもらったりするのが
  大好きで、ページなども破かずめくる事が出来る。 中には車の
  運転中、知っている店を通り過ぎる時、店の名前などを叫ぶ
  (認識している)子などもいる。

・ このレベルの多くの子が、18ヶ月までにはかなりのアルファベット、
  20ヶ月で色を知っており、そして3歳から4歳までの間には少数
  の物を数え、文字や数字を書き、多くの子達が親を質問攻めして
  苦しめる。(好奇心旺盛!)

・ この子達は上級レベルの本、特に空想的な物語を読みきかせて
  いる時など何時間でも聞き入っている。 そのうち6歳までくらい
  には自己の娯楽と情報収集の為自分で本を読むようになるので、
  親が子供に読む時間が減る。

Level Three レベル3 (IQ 130-140) SBL-M 160-180

・ 誕生直後でも目を大きく開け、注意深くまわりを見渡し、
  雑音や人の声や顔などに反応していた。

・ 6ヶ月くらいには大人が言ってる事や聞いている事など理解して
  いるようだった。玩具やペット、又は他の人の名前を言うと、
  その方向を見ていた。

・ レベル2の子供が15ヶ月でしていた事の全てを、レベル3
  の子供は10ヶ月~12ヶ月でしていて、話始める前にすでに
  家族に自分の要望を満たせる事ができた。

・ 2歳までには多くが35個以上のジグソーパズルができ、
  お気に入りの本を暗記し、アルファベット全てを知っている。

・ 3歳までには絶え間なく話し、2、4,6とスキップや逆数え、
  又簡単な足し算や引き算が出来る。 文字や数字を書くのを楽しむ。

・ 5歳前には簡単な本を読みたがり、多くは6歳までには自分で
  掛け算、割り算そして中には分数も理解する子もいる。

・ このレベルのほとんどの子供達が6歳までには2~5年度上の
  学習レベルで、学校の授業のペースがスローと感じる。

Level Four レベル4 (IQ 135-141) SB-L-M 180+

・ レベル4の赤ちゃんは本を読んでもらうのが大好き。 
  生後2~3ヶ月以内ですでに注意深い。

・ このレベルの子供達は2歳になる前にすでにレベル3の子供達
  と比べ、2~5ヶ月発達が進んでいる。

・ 2歳以前にすでに複雑な言葉を使い、語彙も莫大である。

・ ほとんどが、3,5~4,5歳の時に小学校低学年で読むような
  本を読み、5歳までには娯楽と情報収集が目的で自分で本を読む。
  6歳~6歳半くらいではヤングアダルト(16~18歳?)
  くらいのレベルの本も理解して読む。

Level Five レベル5 (IQ 141+)

・ レベル5の子供達はすべての分野にタレントがある。 
  全てにおいて他のレベルよりも早熟で極端である。

・ 6ヶ月~8ヶ月ですでにお気に入りのテレビ番組があり、
  10~14ヶ月で字や数字が解り、11ヶ月でシェイプソーター
  などのパズルで遊ぶのが好き。

・ 16~24ヶ月の間に文字や数字、単語、自分の名前を書く事
  ができ、まわりにある物を使って図形や色んな形を作成する。

・ 15ヶ月で35個以上のパズルができ、3歳までに複雑な
  迷路に興味をもつ

・ 18ヶ月で音楽やドラマ、そして芸術的な適性を見せ始める。

・ ほとんどが2歳頃までには大人のように複雑に話す。

・ 2歳から3歳にかけて、物事の構成や機能、そして科学、特に
  生物学や生と死といった質問が現れ始める。

・ 4歳までには基本的な算数のコンセプトや機能などを理解する。

・ 3歳半から4歳で12歳向けのカードやボードゲームができる。

・ 3歳半までに事実や年鑑(図鑑/辞書)、又辞書などに深く興味を示す。

・ ほとんどが5歳くらいまでにはどんなレベルの本も読める。

・ 6歳までには6年度も上の学年の本が理解して読め、7歳、
  8歳では高校3年くらいのレベルの本が読める。

このようなギフテッドのレベルは、子供が実際に見せる能力や
特徴を参考に形成されたようなので、ある一定の日に一定の環境で、
ある一定のスキルを測定してだされる一定の数字(IQ指数)
だけよりも更に幅広く、この両方の測定法を組み合わせる事によって、
より正確に子供の能力や才能を測れるんじゃないかなと思います。

ちなみに各レベルに該当するIQ指数はStandford-Binet 5
IQテストを参考にしているようですので、ウエックスラー式のWISCの
指数とは少し
違っているようです。

詳しくはこのサイトへ
   ↓
What is Highly Gifted? Exceptionally Gifted? Profoundly Gifted?

*SB-L-M(Stanford-Binet form L-M)

ギフテッドの判別に関する著者の一部には
スタンフォード・ビネー法 L-M版を並外れたギフテッドを選別できる
唯一のテストとして推奨する者もいるがスタンフォード・ビネー法 L-M版は
もはや廃れたテストであり、またこれまでアメリカの標準的テストとして
用いられたこともない。測定方法が時代遅れで、このテストで得られた
IQ 値は高めになり不正確である。

(ウィキぺディアより引用)

一言でギフテッドといっても、そのレベルの範囲も広く、
個人の教育のプランを立て、様々なオプションを考慮するにおいて、
その個人がどのレベルなのかを認識するって本当に重要な事なんですね。
[PR]
by giftedinfo | 2010-10-30 15:42 | Identification

アメリカ在住。2e (Gifted & ASD)の子を持つママがこれまでネットや本、ペアトレ、ワークショップなどで収集してきたギフテッド/2Eに関する情報や、我が家が実際体験したギフテッド関連の事などを記録しています。My 2e kidのカテでは息子の自慢話も盛りだくさんですので、親バカ恐怖症の方は要注意!


by あーちゃんママ
プロフィールを見る