ギフテッドアダルトのセルフケア

ギフテッドアダルトについての過去記事、

「ギフテッドアダルトの特徴」
「ギフテッドアダルトの特徴 (Part 2)」

は主に成人のギフテッドの人達の「特徴」についてとりあげたものですが、
これらの記事のオリジナルのサイトに、これ又とても参考になるギフテッド
アダルトの為の「セルフケア」のページがありましたので、こちらの方も
リンクしておきたいと思います。

「Sustaining the Gifted Self」

いつものように、英語が得意な方はそのままリンク先を訪れて下さい。

以下、大体の訳です。


ギフテッドである自分を維持する

ギフテッドのセルフケアは一生涯をかけたタスクである。ギフテッドの言葉
が通じない(本質的なものが理解されていない)世界では、ギフテッドの人
にとって、外の世界のメッセージの関連性や価値を解釈するのは絶え間ない
プロセスである。


他人とつながりたい、意義のある交流や自分が属する「場」を持ちたい、と
いう願望が常にギフテッドの心に重くのしかかり、時には恐怖心がベースと
なった決断を下したり、自らの本質的なものを見失い、中心はずれの方向へ
いってしまうような人間関係を持つ事になるかもしれない。


ギフテッドの人にとって、ルーティンや概念的なリマインダー(思いださせて
くれるもの、合図)そして、自分にとって大切で意義があるものがきっちりと
具体化された基準を持つ事が役に立つ。


ギフテッドの人生の中で感じる不快感の役目は、自らを受け入れる為には
不可欠な要素である。極度に鋭い知覚、著しく発達した自己認識、自分自身
に対する高い期待、そして豊かで複雑な内部の世界を持つ者にとっては、
人生は決してシンプルなものではない。


不快感はある意味、ギフテッドが成長し、進化していく上で必要とされる
物とも言えるだろう。そして、不快感は多数の人達がまだ見えていない部分
に対して鋭い感覚で感じる事ができるという印でもある。


ギフテッドのセルフケアの為のツール


・自己受容 ー自分自身の特質ー鮮明な思考パターンや他人と比較した知覚、
       感覚などを大いに賛美する。

・自己確認 ー自分にとって価値のある、豊かな刺激の源に囲まれる環境
       作りをする。

・ボキャブラリー ー自己の内部状態や外界での経験などについての
          コンセプトを習得(理解)する。

(*自分が感じている事や体験している事を”概念化”、又は”言語化”する
  という事でしょうか。)

・イメージ法 ー自分の経験を表現するメタファー( 比喩)や視覚的
        イメージを見つける。
           
・個別化されたセルフケアのテクニック ー自分にとって刺激が強過ぎたり、
        退屈だったり、うんざりしたり、要求が強過ぎたりする活動を
        制限する方法を生み出す。

・自らのニーズを尊重してれる専門家を気長に探す ーセラピストや
        カウンセラーなどの優れた部分や限界を認識すること。



ギフテッドのニーズや現実が映し出されない世界では、ギフテッドは自分自身
が自分の”オーナーズマニュアル”(取扱説明書)を作成する事が必須である。


これには以下のような自分へのリマインダーも含まれる。


・あなたは革新者(イノベーター)である。自らの期待に対して柔軟である
 という事は、必要に応じて常に進化する事を可能にする。

・空虚感を感じたり、落ち込んだ気分の時というのは、物事の意義がまだ
 きちんと形となっていない、培養中の状態の段階をさまよっている過程
 の一部とも言える。
 
(*何か素晴らしいアイデアや概念、エピファニー(突然のひらめき)認識
 などが生じる前には、こういった空虚感、絶望感、虚脱感といったような
 不快な精神状態を経験するのも結構珍しくはないのかもしれませんね。)

・あなたは「過程」であって「結果」ではない。物事や状況の浮き沈みに
 いちいち動じない心構えでいる事が大切である。

・精神的により安定した状態だと、世の中の大変動の時でさえ、それらに
 さほど動揺される事なく対応する事ができる。


・あなたが心の底から生きていると実感する為には、社会的、文化的な期待
 から独立する必要がある。自分自身に対して穏やかな気持でいられない場合、
(意識の葛藤)もう一度「オーナーズマニュアル」を見直し、どの部分を見失
 ったのか、そしてどのようなリフレーミング(ある枠組み(フレーム)で捉
 えられている物事を枠組みをはずして、違う枠組みで見る事)又は明確化が
 必要か、又はギフテッド精神の軌道に戻る為には周りの者達からどのような
 サポートが必要なのか、などといった事を見直す必要があるだろう。
 


..という事で、ギフテッドチャイルドが大人になって社会に出た時は、又
新たなチャレンジが待ち受けていると思うのですが、自らのギフテッド精神
をアクセプトして、自分を犠牲にしてまで社会に不必要に協調する事なく、
自分らしさ(ギフテッドソウル)を失わないように、生まれ持った才能や
ポテンシャルをフルに開花していって欲しいものですね。


一口にギフテッドといっても個々それぞれですので、個人それぞれがこの
個別化された「オーナーズマニュアル」(取扱説明書)を作成する事が
とても役に立ちそうですね。


私もあーちゃんが大人になる前に、この「セルフケア」のコンセプトと情報
を伝えてあげたいと思いました。


        色々見たり、聞いたり、感じたりして、色々な事を考えて、色々な
        事を発見しながら自分にとって有意義でハッピーな人生を送って
        欲しいなぁ。



[PR]
by giftedinfo | 2013-10-12 19:11 | Gifted Adults

アメリカ在住。2e (Gifted & ASD)の子を持つママがこれまでネットや本、ペアトレ、ワークショップなどで収集してきたギフテッド/2Eに関する情報や、我が家が実際体験したギフテッド関連の事などを記録しています。My 2e kidのカテでは息子の自慢話も盛りだくさんですので、親バカ恐怖症の方は要注意!


by あーちゃんママ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31