ギフテッドの特徴についての12リスト

正式に「ギフテッドの判別/識別」のコンセプトが存在しない(心理士や精神科
がそういった判断をしてくれない)日本の場合、自分の子供がギフテッド
ではないか?と勘ぐってみるものの、専門家からはっきりとした意見や
正式な判断が得られるわけではないので、何やら煮え切れない思いをして
いる親御さん達も結構いるのではないかと思います。



アメリカの場合でも(私の知る限りでは)医学的な「ギフテッドの診断」
などというものは存在せず、大抵の場合が各学区が要求する「ギフテッド
プログラム」の選考要因(知能テストや学力テスト、行動チェックリスト
などといった”ギフテッド識別の為の審査項目”)がその学区の受け入れ
基準に達していれば、「GT Students」と"identify"され、プログラムに
所属しているというステイタスで、多くの親が「うちの子はギフテッド」
と認識しているのではないかと思います。



学区にそういった「判別のシステム」(ギフテッドプログラムの一部)が
存在しない場合や、その他のオプションとしてギフテッド専門の私立の
学校や特別なプログラムを実施している教育機関への入学を希望する場合
など、学校側が指定するギフテッドの識別を専門とした教育心理士に診て
もらう事になる場合もあるでしょう。


(ギフテッドの専門家によるアセスメントの場合は、子供が”ギフテッド
であるかどうか”だけでなく、どのレベル(MG, HG, EG, PG)やその他
の詳しい情報なども得る事が出来るので、正確な識別+教育プランの設定
にもとても役に立ちます。)


あと、うちの場合みたいに最初は発達障害の検査の為に知能テストや
学力テストのアセスメントが行われ、その結果IQが高いと発覚する事も
結構あったりしますね。


でもアメリカでも学区にギフテッドプログラムがない場合や、付近に
ギフテッドの専門家がいない場合など、こういった方法にて「子供が
ギフテッドである」と識別される事も少ないのではないかと思います。


というわけで、ほとんどの場合は私達親はネットや本などから情報を
収集する事になると思うのですが、こちらの私が愛読している
「Byrdseed」というギフテッド教育情報のサイトに、ギフテッドの
特徴や識別の対象となる要因などの情報のリンクがリストされたページ
を見つけましたので、それをリンクしたいと思います。(笑)




またもや英語の情報で申し訳ないです。

でもやはりギフテッド関連で参考になる文献、記事は英語によるもの
が多いため、ギフテッドについて興味・関心を持たれている方達は
(毎回しつこいですが、苦笑)この際、是非英語の方も習得していた
だきたいと強く思っています。

(会話やライティングはおいといてもせめてリーディングの面だけでも!)


この記事のリストの一つ、


のページがなかなか興味深いなと思いました。

一口にギフテッドと言えど、個人の本質的な性格や認知スタイルや環境
なども関係し、色んなタイプ(6つ)のギフテッドが観察出来るんだなぁ
と思いました。


(でもこれも不動というものでなく、環境の調節などによってタイプが
重なったり、違ったタイプへと切り替わったりするみたいなので、やはり
個人の持って生まれた性格、性質と置かれた環境、状況などのインター
アクションがキーポイントのようですね。)


それぞれのリンク先でとても興味深い情報が読めますので、是非チェック
してみてください。

ランキングに参加しています。
ポチっとクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by giftedinfo | 2014-07-29 09:25 | Characteristics

アメリカ在住。2e (Gifted & ASD)の子を持つママがこれまでネットや本、ペアトレ、ワークショップなどで収集してきたギフテッド/2Eに関する情報や、我が家が実際体験したギフテッド関連の事などを記録しています。My 2e kidのカテでは息子の自慢話も盛りだくさんですので、親バカ恐怖症の方は要注意!


by あーちゃんママ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31