Gifted, creative and highly sensitive children

アメリカは今日が母の日ですね。

アメリカ在住の皆さん、Happy Mother's Day!

今日が皆さんにとって、スペシャルで素敵な日となりますように。

うちはグランマがまだ滞在中なので、今日はちょっと∫にも評判が良かった例の
「ハワイアンバタもち」でも焼こうかなと思っています。

(まだ左手が動かせないので右手だけで頑張ります!)


さて、今朝、FBでこのような動画を発見。






私自身、∫を育てるにあたって、教育環境面を含めてこのプレゼンターと同じ様
な経験や思いをしてきたので、ビデオを観ていて彼女の話に深く共感したし、
(周りからはあれこれと警告や批判されたりしましたが、)これまで自分が下
した決断や、行なってきた事などがある意味”validate”されたような気持ちに
なり、何やらとても嬉しかったです。

(予期せぬ母の日のギフトとなりました。笑)


うちも過去に何度か学校を変えたり、ホームスクールをしたり、やっとどうにか
こうにかハイスクールへ行きだしたと思ったらすぐに「学校には行きたくない!」
と言いだしたりと、アカデミックな面でもソーシャル・エモーショナルな面でも
まだまだ課題は尽きないとは思うのですが、これからも今まで通り客観的なデータ
や情報に加えて、親の”gut feeling"を信じ、それらを参考にしながら∫にとって
ベストなサポートをしていってあげたいなと思いました。


このビデオの中で最後の方にプレゼンターが、

"We need to use a positive self-concept as one of our measures of
success"

"... because they need that (self-concept) in order to create brain
integration, to be able to psychologically mature, and have healthy
relationships, a healthy boundaries and good jobs, and meaningful
roles within our society.


と、「健全なセルフコンセプト(自己概念)を築くことの大切さ」を唱えて
いたのですが、本当にまさにその通りだなと思いました。


無理して自分にとって(教育面や社会・感情面において)不適切な学校環境の
中で耐え忍び、健全なセルフコンセプト(自己概念)を形成するどころか、その
発達に害を与えることになるのであれば、将来的に意味のある幸福な人生を送
ることも難しくなると思いますし。


うちの場合も公立小学校をやめさせ、ホームスクールをし始めてまず、私が試み
たのは、ズタズタに傷ついていた∫の心を癒し、見失っていた自分自身を再度見
つける手助けをしてあげる事でした。


医療の世界と同様、教育の世界においても教育者としてはまず第一に、

" First, do no harm!"

という精神、認識が大切ではないかと思います。


ランキングに参加しています。
応援のクリックを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by giftedinfo | 2015-05-13 06:03 | Social/Emotional

アメリカ在住。2e (Gifted & ASD)の子を持つママがこれまでネットや本、ペアトレ、ワークショップなどで収集してきたギフテッド/2Eに関する情報や、我が家が実際体験したギフテッド関連の事などを記録しています。My 2e kidのカテでは息子の自慢話も盛りだくさんですので、親バカ恐怖症の方は要注意!


by あーちゃんママ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30