せめて邪魔をしないで欲しい

2014年のUSAMO winner、そしてIMOゴールドメダリストであるEvan Chenさんの
ブログを読んでいて、これだけ明らかに特別な才能を示しているギフテッドの生徒でさえ、
学校や学区から彼の能力に適した教育・学習の機会や支援を得るのに結構、苦労をしたん
だなぁ…と、非常に残念な気持ちになってしまいました。



Maybe it’s too much to ask that schools do something special for top students.
Can you at least not get in their way? Like not forcing students to be an office
assistant for 500 hours to obtain ADA funding? Or more generally, how about
just not forcing students to take classes which are clearly a waste of time for
them?

という部分がなんとも悲しいですねぇ。


そして、∫の教育環境の設定に関して同じような経験をしてきた私達も、

Ask a lot of people: if one administrator says no, ignore them and ask another
one. Be prepared to hear “no” a lot, but keep waiting for the one or two crucial
“yes” moments. If push comes to shove, switch schools, apply to college early,
etc. Take the effort to get this one right.

…というアドバイスに大いに共感させられました。

("___Students Have to Sufferより抜粋)


そしてこちらのFAQの答えも。

”How did you take undergraduate/ graduate math classes in high school?

To set the record straight: in high school I five classes from UC Berkeley
and San Jose State total; you can see the notes I took. The main limiting
factor is getting your high school to let you run off. Every college
professors I've met is more than happy to help out high school student
who is interested in learning more math. It's the high school bureaucrats
that put their foot down.

Talk with your high school administration and see if your can strike a
deal. If one person says no, talk to someone else. You have to be very
aggressive with these things to make progress, because otherwise
the administration has no real incentive to help you."


ギフテッドの生徒の教育に関しては、アメリカと言えども道はなかなか厳しいようで
すが、自らのプログレスの為には諦めず、粘りしつこく、頑としてして働き続けていく
ことが大切ですね。

それにしても彼、かなり学校や学区、システムに対して憤りを感じているみたいですが、
それを考えるとうちの場合は学区が結構、支援的だったのでラッキーでした。

(従来、学区の規則としては大学とのDual Enrollmentのプログラムは11年生から始
まるのですが、∫の場合は高校に入学した9年生から開始させてもらえましたので。)


ランキングに参加しています。
応援のクリックを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 教育ブログ ギフテッド教育へ

[PR]
by giftedinfo | 2016-08-06 07:54 | Gifted Education

アメリカ在住。2e (Gifted & ASD)の子を持つママがこれまでネットや本、ペアトレ、ワークショップなどで収集してきたギフテッド/2Eに関する情報や、我が家が実際体験したギフテッド関連の事などを記録しています。My 2e kidのカテでは息子の自慢話も盛りだくさんですので、親バカ恐怖症の方は要注意!


by あーちゃんママ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30