子供が学校へ行きだしたら考えも変わるって〜!

何やら又してもこのような、”アンチ・ギフテッド”のセンチメントがたっぷりの記事がネットに
浮上していて、オンラインのギフテッド・コミュニティの間で物議を醸しているみたいですねぇ。



こういうギフテッドや、ギフテッドの個人が抱える課題について何もわかっていない人が、自ら
の”無知さ”に気がつかず、こういった意見を唱える度に、ギフテッドの子を持つ親はそう言った
人達の誤解や歪んだ事実、思い込みを訂正したり、啓蒙したりしなければならないので、本当
に(精神的に)疲れるんですよねぇ。(はぁ)

(もう、時間とエネルギーの無駄!)

この方、記事内に、

”Frankly it would seem unfair to me to treat one kid differently than the other
based on any perceived notion of intelligence and "giftedness."

と、書いてますが、これはまず第一に”子供はどの子も皆同じニーズを持つ”という前提をもと
にして見ているからこういった考えになるんじゃないかと思うんです。


実際、彼女はこの記事の中でも

"Every child is gifted and talented.”

と、太字で強調して主張してましたし。(笑)


でも実際には子供にはそれぞれ独特の”ニーズ”があり、(障害児、定型時、ギフテッド児、
2E児など)それらを考慮に入れず、どの子も同じように扱うという方が(彼らの個々の
ニーズを満たしてあげられないので)”unfair"ではないかと思うんですがねぇ。

アメリカ人の中でも、"equality"と"equity"という2つの言葉の違いをきっちり把握していな
い人もいるようですしね。

ちなみにこの2つの違い。

”Equity and equality are two strategies we can use in an effort to produce
fairness. Equity is giving everyone what they need to be successful. Equality
is treating everyone the same. Equality aims to promote fairness, but it can
only work if everyone starts from the same place and needs the same help.
(中略)But not every starts at the same place, and not everyone has the
same needs.”


Justiceより)


a0332222_15360038.jpg


ギフテッドの子には”perceived notion"などといった主観的な概念ではなく、(客観的な
方法で測ることもできる)”知的、教育ニーズがあるのは明らかだと思うのですが、中には
それが見えない(見ようとしない)人もいるんでしょうかねぇ。

そしてそれは知的、認知的な分野だけでなく、社会・感情的な分野においての特別なニーズも
存在するわけで。

ギフテッドのことをよく理解していない人には、そういう点も理解しにくいのでしょうね。


ちなみにこのオリジナルの記事に対しての反応(反論?)記事が興味深かったので、参考とし
てリンクしておきますね。






彼女のお子さん達はまだ学童期に達していないので、(上が3歳で下が1歳)ギフテッドの子の
教育面や学習面に関わる苦労や、集団生活の中で経験する社会的・感情的な課題、問題なども
直面してないから、そういう事が簡単に言えるんですよ〜。

ギフテッドであるということは、知的やアカデミックな部分だけではないと言うのを知った上
でこのようなことを書いているのだろうか?と思ってしまいます。

でもこの方、子供が大きくなって、学校へ行き始めたら又、考え方や感じ方も変わるって〜!

(もちろん、もし彼女のお子さん達が実際に”gifted"だったらの話ですが。)


子供が学校へ行き始めて、実際に”現実の課題や問題”に直面し、ギフテッド(我が子)の支援
が必要となった時に、「厳しい現実」や「事実」を思い知らされるんじゃないかと思いますね。

その時になって、今度は自分がギフテッドに関する苦労を知らない他人が、

”Every child is gifted and talented!」

などと言っているのを聞いたりすると、

(…う〜、こいつ、何もわかってないくせに何をぬかしやがる〜!)

と、思いっきり頭をどつきたくなると思いますよ。(笑)


とりあえず、英語ですが、興味のある方は是非読んでみてください。

そしてできればページの下の方にある、この記事に対して送信されたコメントの数々も読む事
をお勧めします!

ギフテッドに関して参考になる意見や情報が含まれていて、とても興味深いです。


ランキングに参加しています。
応援のクリックを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 教育ブログ ギフテッド教育へ

[PR]
by giftedinfo | 2016-10-26 02:48 | Gifted In General

アメリカ在住。2e (Gifted & ASD)の子を持つママがこれまでネットや本、ペアトレ、ワークショップなどで収集してきたギフテッド/2Eに関する情報や、我が家が実際体験したギフテッド関連の事などを記録しています。My 2e kidのカテでは息子の自慢話も盛りだくさんですので、親バカ恐怖症の方は要注意!


by あーちゃんママ
プロフィールを見る