情報を見極めることの大切さ

私がこのブログでアメリカのギフテッド情報や、私達家族がこれまで経験してきたギフテッド
関連の記事を書く時、それらはあくまでも「こういう情報がありますよ。うちの場合はこうだ
ったんですよ。」という単なる情報のシェアで、私としては読者の皆さんがこれらの情報を読み、
ご自身でどの情報が参考になり、自分にとって役に立つかどうかを見極め、判断していただけ
ればいいと思って発信しています。


又、私がある一定の記事や情報をシェアしたり、リンクする場合、それは時には自らの考えや
信念、ポジションなどを主張する際の、参考資料、根拠、データの一部として引用している場
合もありますが、大抵の場合は、あくまでも、”とてもいい情報なので、皆さんにもおすそ分け
したい!”という気持ちから来ています。


私は決して、読者の方達に対して、私がシェアする情報が正しいのでそれに従うべきだとか、
そのまま取り入れるべきだなどと思っていませんし、それらの情報の信頼性、信ぴょう性を問
い、ご自身で判断してどの情報(または私の意見や主張)を利益があるとみて参考にするか、
または無駄なので無視するかは、読者の皆さん次第と思っています。


私も∫のことで途方に暮れていた当時、ネットで自閉症やギフテッドに関する様々な情報を漁
りまくり、その中から∫自身に当てはまる、適している情報のみを拾い集め、アドボカシー活
動の参考にしたり、私自身が∫にぴったり合った独自のギフテッド教育プログラムを作成する
為の参考として活用しましたし。


そりゃ、中には信憑性に欠けた怪しい情報や、私自身が賛同できない考え方、∫には適してい
ないと思える情報なども山ほどありましたが、その中から自分と∫にとって参考、利益となる
情報のみを取り入れ、その他は切り捨てました。

こういう情報収集後の”見極め、選択”のフィルタリングのプロセス(取捨選択)が大切なのだ
と思います。


でも中には、私がギフテッドチャイルドのカテゴリーを申請したことで、私がギフテッドの第
一人者だと思い、ランキングでも支持されていることから、何も知らない人が私の発言や発信
する情報を鵜呑みにしてしまう恐れがある為、ブログでの無責任な情報の発信は避けるべきだ
という懸念のお声もあるようです。


(私がギフテッドチャイルドのカテゴリーを申請したからといって、私がその方面に精通して
いる第一人者とは限らないし、第一、私がギフカテを申請したと知っている人などごく少人数
ではないかと思うのですが…笑)


が、たとえ私が自分のしがない個人ブログで発信しなくても、ネット上にはありとあらゆる
ギフテッド関連の情報が山ほど溢れかえっていると思いますし、それらの情報を目の前にし、
最終的にはどの情報を受け入れるかの判断は私たち個人が行っていかなければならないと思う
んですよ。


その為には、物事の本質を鋭く見抜く力や、批判的思考力がとても大切になってくると思うの
です。

特に、ギフテッドの(またはギフテッドかもしれない)子供を持つ親は、子供の為にこれから
も学校や社会に対して立ち向かい、子供のアドボカシー活動を続けていかなければならない事
から、親自身がこうった思考スキル、判断力を身につけておくことは必要不可欠だと思います。

(私の個人的な経験から言っても、これは嫌というほど感じましたよ。苦笑)


という事で、そう言った「情報を見極める力を養う」のに参考になりそうなページを見つけた
ので、いくつかリンクしておきます。

(個人的には私は学ぶ事が色々ありましたが、もちろん、これらの情報も参考にするかは読者
の皆さん、ご自身の判断でお決めください。笑)








とは言いましても、私の発する情報を、「正しい」とそのまま取り入れて信じ込まれる方が出て
くるのを避ける為、↑で出てきた方の懸念のお声を尊重し、(自分とは違った意見もリスペクト
すべきなので。)これからはアメリカのギフテッド関連の情報を記事にする際、冒頭に何らかの
*注意書き/お知らせなどといったdisclaimer(免責条項)を表示するつもりであります。

そうすることにより、できる限りの誤解を避けることができればと思ってます。

(The Curious Life of ∫より転載)


ランキングに参加しています。
応援のクリックを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 教育ブログ ギフテッド教育へ

[PR]
by giftedinfo | 2017-01-04 06:02 | Gifted Parenting

アメリカ在住。2e (Gifted & ASD)の子を持つママがこれまでネットや本、ペアトレ、ワークショップなどで収集してきたギフテッド/2Eに関する情報や、我が家が実際体験したギフテッド関連の事などを記録しています。My 2e kidのカテでは息子の自慢話も盛りだくさんですので、親バカ恐怖症の方は要注意!


by giftedinfo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31