州によるギフテッドの定義

日本にお住いの方にはあまり参考にならない情報かと思いますが、(それでもアメリカのギフ
テッド教育に興味がある場合は興味深い情報だと思います。)私たちが以前、住んでいたカリ
フォルニア州と、現在、住んでいるネバダ州との間を比較して、その違いに(州によってこん
なにも違うのか?)っと、ちょっとびっくりしたので皆さんともシェアしますね。



California: No Definition. Categories of giftedness for districts to use in
determining eligibility for gifted education programs are provided.


Nevada: "gifted and talented pupil" means a person under the age of 18
years who demonstrates such outstanding academic skills or aptitudes that
the person cannot progress effectively in a regular school program and
therefore needs special instruction or special services.


カリフォルニアの、”No Definition"と冒頭からドンとはっきり言い切っていたのには少
しばかり汗たら〜になりましたが。(苦笑)

ギフテッドに関しての情報は提供するけれど、基本的にはその学区ごとがギフテッドの定義や
プログラムの受け入れ基準を決めて実施しているってことでしょうね。


だから私たちが以前住んでいた地域のように、ギフテッド・プログラムが全くない学区なども
結構、あったり、あっても本当に基準も内容も学区次第で、プログラムの内容もピンからキリ
までではないかと思いますねぇ。


ネバダ州の場合は、ギフテッドの生徒の定義として、能力やポテンシャルだけでなく、”一般の
学校でのプログラムでは学習が効果的に進行できない為、特別な指導やサービスを必要とする
生徒”と、その個人に特殊な教育のニーズが存在することが定義の中に含まれているところがな
かなか興味深いなと思いました。


現在のうちの学区のギフテッド・プログラムは、以前、住んでいたカリフォルニアの学区はも
ちろんの事、ネバダ州の中でもかなり充実していると思います。


プログラムそのものだけでなく、ギフテッドの生徒のidentification(発掘)にも学区全体が
力を入れていて、この学区のすべての生徒が小学校1年と5年の時に、ギフテッドのスクリーン
として知能テストを受ける事になってるようです。

(これは貧困層や、その他の”発掘し難い生徒”たちを見逃さないためみたい。)


その最初のスクリーニングのテストの結果により、ある一定の基準を満たした生徒たちが、次
のステップ(WISCなどの個人別の知能テスト)に進むようです。


また、テストで基準を満たしてなかっても、親や先生による推薦によって、テスト以外の判断
の仕方(普段の子供の観察をもとにしたり)などでアセスメントをする方法もあるようです。


テストの数値だけでは判断しにくい2Eの子たちなどにとっては、こう言った”クオリティ”に基
づいた判定はフェアだと思いますね。


ちなみにうちの学区では一口にギフテッド・プログラムと言っても、生徒の学年やレベルに合
わせて様々なモデルがあり、それぞれその個人にあったプログラムを、GATEコーディネーター
やカウンセラーのサポートなどを得ながら、決めていけるという感じでしょうか。


うちの∫の場合は、6年生の時にこの学区に移って来た際、以前受けたプライベートの教育心理士
による知能テストの結果が認められ、現在はGATE Advisory modelという形態でギフテッド
の支援をしてもらってます。

GATE Advisory Modelとは

The GATE Advisory Model provides support for GATE high school students at
their zoned schools. Both the GATE High School Program Coordinator and the
GATE High School Counselor work directly with site administrators, counselors
and teachers to provide advisement on course selections, dual-enrollment, and
college and career readiness. Collaboration is offered to ensure differentiated
instructional strategies for gifted learners and available to general education
classrooms.


又、もし学区でのサービスが不十分だと感じた場合は、地元にあるDavidson Institute for
Talented Developmentでカウンセリング・サービスが受けられるので、(∫はここのヤング
スカラーズのメンバー)このような恵まれた環境にいることをありがたく思っています。


それにしてもアメリカと言え、州や学区によって受けられるサービスがこれほどまで違うのか!
と、いつも驚いてしまいます。

The Curious Life of ∫より転載)

ランキングに参加しています。
応援のクリックを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 教育ブログ ギフテッド教育へ

[PR]
by giftedinfo | 2017-01-30 07:41 | What is Gifted?

アメリカ在住。2e (Gifted & ASD)の子を持つママがこれまでネットや本、ペアトレ、ワークショップなどで収集してきたギフテッド/2Eに関する情報や、我が家が実際体験したギフテッド関連の事などを記録しています。My 2e kidのカテでは息子の自慢話も盛りだくさんですので、親バカ恐怖症の方は要注意!


by あーちゃんママ
プロフィールを見る