Gifted(映画)

本当は今日の夕方、家族みんなでただ今、公開中のGiftedという映画を観に行く予定だった
のですが、運悪く数日前からパパが風邪をひき、(そして私もパパにうつされたのか、今朝
起きたら頭痛がして、あまり機嫌が良くない。汗)キャンセルすることに…


この映画、アメリカのギフテッド・コミュニティの間でもかなり話題になっていて、私自身
もギフテッドという概念や、ギフテッドの子がどの様に描写され、どんなメッセージが含ま
れているのかすごく興味があったので楽しみにしていたのですが、まぁ、仕方ないです。




改めて気がついたのですが、∫は明後日の金曜日にAP Human Geographyの期末試験が予定
されているので、正直言って、今日映画など観てる暇などないんですがね。(笑)


そのことを私はすっかり忘れて予定を立てたのですが、やっぱり期末の数日前なんだから少し
は勉強するべきなので、なんだかんだ言って、とりやめてちょうど良かったです。

(基本的に∫はコースワークや課題などはやるけれど、試験勉強するのはあまり好きではないみ
たいで、いつも適当にやってる感じ。汗)


この映画の主人公の少女というのが、7歳ですでにdifferential equations(微分方程式)を
学んでいる、数学的に”Profoundly Gifted”で、∫は主人公が自分と同じ分野に興味・
能力を示しているという部分にすごく関心を示し、この映画をすごく観たがっています。(笑)


∫は、「ひえぇ〜!僕はdifferential equationsは14歳の時に学んだ(大学でクラスを取った)
のに、この子、すご過ぎる〜! (゚Д゚;) (」゚ロ゚)」

って、驚愕してました。(笑)


もちろん、こう言ったレベルの子も確かに存在するのでしょうが、7歳で大学の数学を学ぶなど、
実際にはすごく稀なレベルだと思います。

(そう、”PG”レベルですね。)


私が今までに(全国レベルのコンテスト出場者や、デイビソンの生徒達など)見てきた中でもこ
う言ったレベルは多分、片手の指で数えきれるくらいじゃないかと思います。

(例のユニコーン君などこのレベルか、このレベルに近いのではないかと。)


でもこう言った子達はギフテッドの中でもマイノリティーなので、この映画を観て、ギフテッド
に関して認識のない人が、(あぁ、ああいうのがギフテッドなのか!)と、一般化してしまい、
妙な固定観念を抱いてしまうことにならなければいいのだけど、と思ったりします。

まぁ、まだ観てないので実際、どう描写されているかはわかりませんが。


ここまで極端ではないかもしれませんが、とにかく実際に存在するのですよ、こういう尋常から
逸脱したレベルの子達が。


映画の中で、こういう子達の教育ニーズやソーシャル・エモーショナルニーズがどのように取り
扱われているかが興味津々であります。


とりあえず、今週は無理でも、パパの体調が回復した来週あたりに観に行くつもりです。

(その時の感想をまた、ブログで記事にしますね。)


The Curious Life of ∫より転載)

ランキングに参加しています。
応援のクリックを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 教育ブログ ギフテッド教育へ

[PR]
by giftedinfo | 2017-05-25 05:08 | Gifted In General

アメリカ在住。2e (Gifted & ASD)の子を持つママがこれまでネットや本、ペアトレ、ワークショップなどで収集してきたギフテッド/2Eに関する情報や、我が家が実際体験したギフテッド関連の事などを記録しています。My 2e kidのカテでは息子の自慢話も盛りだくさんですので、親バカ恐怖症の方は要注意!


by あーちゃんママ
プロフィールを見る