アメリカのギフテッド教育情報サイト: Embracing Gifted Minds

長年、ネット上でおつき合いをさせていただいてるネッ友のEGMさんが、この度、アメリカの
ギフテッド教育に関する情報ブログを新設されましたので、早速、紹介させていただきます。


一口にアメリカのギフテッド教育といっても、それこそ様々な理念やプログラムの形態、教授法
などがあるのですが、こちらのブログでは主に、コネチカット大学大学院のレンズーリ教授らの
提唱する、全校拡充モデル(SEM-Schoolwide Enrichment Model)について紹介されています。

(あっ、まだ開設されたばかりなので、”紹介される予定だそうです。”と言うべきですね。😁)

EGMさんは現在、このコネチカット大学大学院の「Giftedness, Creativity and Talent Deve
lopment」の修士ブログラムで、あの「才能の三輪概念」で有名なレンズーリ教授のもとにて、
このSEMを含めた、アメリカのギフテッド教育についてを学んでいらっしゃいます。


本場で学んだギフテッド教育の情報を、ブログでシェアしてくださるとは、本当にありがたい事
ですね。

EGMさんはギフテッドの息子さんのお母さんでもあるので、ご自分の学業と並行して、お子さん
の育児や教育アドボカシーにも多忙である為、ブログの更新の方は、無理のない程度に頑張って
くださいね!


一部の限られた例だけを取り上げ、それがまるで、”普通のアメリカ人”とでも言わんばかりに歪
んだ描写をし、いかに”アメリカの教育”がヤバイか!、そういう国のギフテッド教育を参考にし
ようとするのは危険だ、などとバイアスだらけ、ポイントハズレのはちゃめちゃロジックにて、
アメリカのギフテッド教育全般の信用を傷つけようとする方もいらっしゃるようですが、実際、
このSEMは、


The Schoolwide Enrichment Model applies the know-how of gifted education to
a systematic plan for total school improvement. Based on the belief that " a
rising tide lifts all ships," our goal is to increase challenge level for all students
and to promote and atomosphere of excellence and creativity in which the work
of our highest performing students is appreciated and valued."



っと、子どもそれぞれの個性や才能を伸ばす為の教育という感じで、こう言ったとても素晴らしい
プログラムもあるのですよ。

*ちなみに、レンズーリ教授とSEMについての日本語の記事を見つけましたので、参考のために
リンクしておきます。



というわけで、EGMさん、アメリカのギフテッド教育の情報を楽しみにしています!


The Curious Life of ∫より転載)

ランキングに参加しています。
応援のクリックを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 教育ブログ ギフテッド教育へ

[PR]
by giftedinfo | 2017-09-19 05:25 | Resources

アメリカ在住。2e (Gifted & ASD)の子を持つママがこれまでネットや本、ペアトレ、ワークショップなどで収集してきたギフテッド/2Eに関する情報や、我が家が実際体験したギフテッド関連の事などを記録しています。My 2e kidのカテでは息子の自慢話も盛りだくさんですので、親バカ恐怖症の方は要注意!


by あーちゃんママ
プロフィールを見る