School vs. Learning (学校 vs. 学ぶこと)

こちら⬇︎の記事がなかなか興味深かったので、みなさんともシェアさせていただきますね。



■ School vs. Learning by George Couros

 School(学校)                Learning(学ぶこと)

・答えを探すことから始めることを推進する。  ・疑問を持つことから始めることを推進する。

・消費することが目的。            ・創作することが目的。

・指示されたものについての情報を見つけ出す  ・自らの情熱と興味関心を探ることが目的。
 ことが目的。

・順守、適合性を教える。           ・認識されている規範に対して疑問を投げかける。

・一定のスケジュールが決められている。    ・(時間に関係なく)いつでも、常に起こる。 
                        
・しばしば孤立している。           ・しばしば社交的である。                        
・標準化している。              ・パーソナル(個人的)である。

・ある一定の人々から情報を収集することを   ・皆が教師、皆が学習者であるという事を推進
 教える。                   する。

・情報を与える事が目的。           ・自らで関連付けをする(繋がりを見出す)事
                        が目的。

・順次的                   ・ランダムで、一直線ではない。

・表面的なレベルの思考を推進する。      ・深い探索が目的。



これはアメリカの学校について言ってるようですが、まぁ、でも基本的には日本の教育機関も大
体、似たような感じではないかと思います。

この記事に書かれている、「学校(の勉強)」と「学ぶこと」の比較を見ると、(うんうん、言
えてる!)とうなづいてしまいました。


そして、必ずしも「学校の勉強」は好きではないけど、「学ぶこと」は大好きなギフテッドの子
達の認知や精神的な特徴、特性などを考えると、ごく一般のクラスでは、”勉強が簡単すぎて退屈
苦痛に感じる”だけでなく、学校の教育(方針、カリキュラム)や、教師(姿勢、態度、指導法)
など、”あり方”そのものに対して、疑問や不満、反感を抱いたり、失望したりして、学校へ行くの
が嫌になる場合も結構、あるのではないかと思います。

*例えば、一般の子は先生の”表面的な思考のみを使った課題や指示”に対して、何の疑問も持つ事
 もなく、ただ、それらに従い、良い点数をもらえたら満足するかもしれないけど、ギフテッドの
 子の場合、その課題の本質的な意味や、先生の指導の仕方などに疑問を抱き、異議を唱えてたり
 して、先生から問題児扱いされたりなど。(これ、もろ、∫です。苦笑)


ギフテッドの子達は、認知面(知能や学力)だけではなく、精神面(心理的な部分)でも一般の子
達とは違った”ユニークな特徴”を持っているので、本来ならば、「学ぶこと」を切望する中、ごく
一般のクラスで通常の「学校」のやり方を強いられた状態では、知的/学力面の発達停滞のみならず、
精神的な面までもネガティブな影響を与えてしまうことになるのではないかと思います。

(こう言う全体的な不満感、反感、失望感が、アンダーアチーブメントの原因にもなり得る。)


”学ぶ事”(learning)を渇望しているギフテッドの子達(ここでは特にP-Giftedを指して言って
ます。)には、知的・精神的、社会感情的な面での”特殊なニーズ”が存在するので、「どの子も
皆、いっしょ」の一般的な”学校”のクラスでは、知的ニーズだけではなく、精神的ニーズも満た
されにくいのではないかという感じがしますね。


もちろん、「教育の目標」という意味で、すべてのクラスルームでこの「学ぶこと」の方の理念
や指導法などが実践されるのが理想なのでしょうが、現在の時点では、「学校」の方のやり方が
ほとんどでしょうから、ギフテッドの子達の中に、「学校」がフィットしていないと感じる子が
多いというのもうなづけるなと思ったのでした。


最低でも、ギフテッドのプログラムや、ギフテッド専門の学校のカリキュラム、指導法において
は、こう言ったギフテッドの子達の特徴を考慮して、「学ぶこと」を尊重した方針ややり方を取
り入れ、実践してくれてる事を願っております。


The Curious Life of ∫より転載)

ランキングに参加しています。
応援のクリックを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 教育ブログ ギフテッド教育へ

[PR]
by giftedinfo | 2017-09-21 03:16 | Instructions

アメリカ在住。2e (Gifted & ASD)の子を持つママがこれまでネットや本、ペアトレ、ワークショップなどで収集してきたギフテッド/2Eに関する情報や、我が家が実際体験したギフテッド関連の事などを記録しています。My 2e kidのカテでは息子の自慢話も盛りだくさんですので、親バカ恐怖症の方は要注意!


by あーちゃんママ
プロフィールを見る