渋谷区のギフテッド教育についての記事で思ったこと

先日、FBのフレンドさんがシェアしてくださった、渋谷区のギフテッド教育に関する記事の中に
書かれていた一部の文章(中邑教授の発言に、な〜んとなく違和感を感じていたところ、タイ
ムリーにも今朝、このような記事を見かけ、思わず共感してしまいました!
これって、大人の世界だけでなく、子供(学校教育)に関しても同じような事が言えるんじゃな
いか?などと思ってしまいました。

子供にとっても、「理不尽なことに耐えられば成長」ってわけではないと思いますね。

記事内にありますように、「忍耐」と「努力」が混同されることがないよう、この二つの区別を
しっかりし、又、長い目で見て自分の目的を達成するために、時には理不尽に耐えることが必要
な場合もあり、”先に何があるのかをしっかりと見通した”上での判断が大切というのもうなづけ
ました。


ちなみに私が渋谷区のギフテッド教育プログラムの記事で違和感を感じたのが、


”同センターの中邑賢龍教授に、渋谷区で想定されているプログラムについて尋ねると、「教科書
では物足りない、分かりきっている子どもたちに何が欠けているかといえば、リアリティが欠け
ています。そこをさまざまな課題を通して認識させていく授業を企画しています」との回答が返
ってきた。


「例えば今年も実施したいと思っているのですが、子どもたちから情報機器を取り上げて、紙と
鉛筆だけを渡して、神社の鳥居がいくつあるか、一日中都内を歩いて調べさせてみます。何人か
の子どもたちが調べてみると、鳥居の種類が2種類あることがわかります。インターネットで検
索すれば1分以内でわかることかもしれませんが、これだけの時間と人をかけて、やっと鳥居が
2種類あることがわかるのだという過程を学んでもらいます。知識を人から引っ張ってくるので
はなく、知識を生み出す方法をこう言う授業の中で教えていきたいと考えています」(中邑教授)”



という部分で、もちろん、学習の目的によっては、ネットで検索しないで、実際に”都内を一日中
歩いて調べさせ、鳥居の種類が2種類あることをわからせる”というプロセスも必要な時もあるの
かもしれませんが、でも、「知識を生み出す方法」を目標としているならば、その過程(一日中
歩いて調べる)は、あくまでも情報収集の一部であって、実際に新しい知識や概念を生み出して
いるわけではないのでは?などと思ってしまったのでした。


”知識を生み出す”って、具体的にここでは彼(中邑教授)がどう言う意味を指しているのかよく
わからないのですが、もし「新しい知識(概念)を生み出す、創作するというのを言っているの
であれば、そのプロセスに必要なのは、すでに存在する知識や情報(たとえば都内には2種類の
鳥居があるなど)をもとに、それらを分析したり、応用したり、評価し、アイデアを合成したり
して創作するなどの「高度な思考活動の訓練」で、効率的な情報収集の方法があるにもかかわら
ず、(ネットで検索など)あえてそのような余計な体力と精神力、時間を費やすような過程を学
ばせることによって、子供達が得られる物とは一体なんなのだろう?と思ってしまいます。


非効率的な方法、理不尽とも思える作業に耐える忍耐力や根性、精神力を鍛えること?


中には、そういった無駄なこと、理にかなってないこと、自分が納得できないことに対して疑問
や反感を感じるギフテッドの子もいるんではないかと思うのですが。

(いや、多分、大半のギフテッドの子達が理不尽なことに耐えられないのではないかと思う。)


体力がないうちの∫など、身体的に面倒くさくて効率が悪いことや、道理にかなってないこと、
理不尽なこと、自分にとって意義が見出せないこと、自分の理念や信念に反することなどに対
し、ただ漠然と指示に従うタイプではないので、

「基礎的な作業(情報収集)にそれだけ余計な時間を費やすのは腑におちない。学習で大切なの
は、既存の知識や概念の収集方法ではなく、いかにそれらを更なる高度な段階の思考活動へと結
びつけて、最終目標である「創作」へと導いていく過程の方だと思うから、そんな初歩的な活動
(情報収集)に時間と労力を費やすのは時間の無駄だ。」


などと、異議を唱えたりして、そういった活動に参加することを拒否しそうです。(苦笑)


実際、ギフテッドの子達の学習に重点を置くべき部分というのは、こちらの過去記事でも書いて
ますように、「知識」や「記憶」、「理解」などといった基本的なレベルではなく、もっと高度
な上層の領域である「評価」や「創作」である為、情報収集といった一番初歩的なレベルに必要
以上の時間とエネルギーを費やすことは、高度なレベルの思考活動を渇望する彼らにとっては、
知的発達の為にもならないし、(フラストレーションのために)学習意欲やモチベーション喪失
の原因ともなりかねないのでは?と危惧するのであります。


a0332222_11562602.jpg


まぁ、詳しいプログラムの内容を聞いたわけではないので、一概に判断するべきではないと
いうのも十分、心得てはいるのですが、私としては、このプログラムが、「大人になってか
ら社会に対応できるように、自分が嫌なこと、価値を見出さないこと、理不尽なことなどに
対しても、忍耐力、根性を育成すること」などといった、妙な”精神論”のトーンが混ったカ
リキュラムや指導法でないことを願うばかりであります。


ギフテッドの子達は、そういうのは普通の学校やクラスで既に体験済みだと思いますしね。


にしてもらえるといいな、などと願ったりしています。苦笑)


The Curious Life of ∫より転載)

ランキングに参加しています。
応援のクリックを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 教育ブログ ギフテッド教育へ

[PR]
by giftedinfo | 2017-10-01 08:53 | Gifted Education

アメリカ在住。2e (Gifted & ASD)の子を持つママがこれまでネットや本、ペアトレ、ワークショップなどで収集してきたギフテッド/2Eに関する情報や、我が家が実際体験したギフテッド関連の事などを記録しています。My 2e kidのカテでは息子の自慢話も盛りだくさんですので、親バカ恐怖症の方は要注意!


by あーちゃんママ
プロフィールを見る