ギフテッドの子について45年間の研究で学んだ事

このStudy of Mathematically Precocious Youth (SMPY) の、ギフテッドの子達に関
する長期追跡研究の結果については、すでに色々な文献や記事などが出回っていますが、先日、目
にしたこちらの記事の情報がなかなか参考になるなと思ったので、リンクしておきたいと思います。

英語の記事ですが、比較的シンプルでわかりやすい文章なので、英語が苦手な方にも読みやすいの
ではないかと思います。


この記事の中に出てきた、”Hard work definitely still matters.”の、

Effort, Lubinski says, is a critical factor in determining how far someone's
going to go in life. "If you look at exceptional performers in politics, science,
music, and literature, they're working many, many hours," he says."

という部分が、∫や周りの子達を見ていても、ものすごくうなづけてしまいます!

そして、

"...the kids in the study who were given an opportunity to take more challenging
course that aligned with their skills and interests ultimately went on to accomplish
more than the students who were not afforded the same opportunity.

"You have to find out where your child's development is, how fast they learn,
what are their strengths and relative weaknesses and tailor the curriculum
accordingly," Lubinski says. "It's what you would want for all kids."


と、この研究の中で、彼らのスキルレベルや興味関心に沿ったチャレンジの機会を与えられた子
供達は、そうでなかった子供達と比べ、最終的に(大人になって)何らかの功績をあげる確率が
高かったみたいで、ここでも、”その個人に適切な教育/学習の機会の大切さ”があげられてます。


そして、記事内にも書かれている通り、個人にとって最適な”チャレンジ”を与えるためには、子
供それぞれの発達過程や学習の速度、得意や苦手分野などを把握し、各自の”ニーズ”を明確にし
て、それらに応じた(個人化された)学習カリキュラムを作成することがポイントですね。


あっ、ちなみにこのSMPYの追跡研究について、日本語の記事も見つけたので、興味のある方の
為にそちらもリンクしておきます。


最後に、記事内にあったSMPYについての動画が興味深かったので、アップしておきます。





The Curious Life of ∫より転載)

ランキングに参加しています。
応援のクリックを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 教育ブログ ギフテッド教育へ

[PR]
by giftedinfo | 2017-10-24 05:02 | GT Research

アメリカ在住。2e (Gifted & ASD)の子を持つママがこれまでネットや本、ペアトレ、ワークショップなどで収集してきたギフテッド/2Eに関する情報や、我が家が実際体験したギフテッド関連の事などを記録しています。My 2e kidのカテでは息子の自慢話も盛りだくさんですので、親バカ恐怖症の方は要注意!


by あーちゃんママ
プロフィールを見る