ギフテッドの3つの特徴

ギフテッドの定義も色々ありますが、お馴染みのコロンバス・グループのと並んで、私が個人的に
しっくりいくのが、ボストンカレッジの心理学部の教授である、Dr. Ellen Winnerによるもの
で、彼女の唱える3つのギフテッドの特徴は、∫や周りのギフテッドの子達を観察していて、まさ
にぴったり当てはまっているなと感じます。

その3つの特徴とは、

① Precocity - They begin to take the first steps in the mastery of some domain
  at an earlier-than-average age. They also make more rapid progress in this
  domain than do ordinary children, because learning in the domain comes
  easily to them.

② An insistence on marching to their own drummer- "Gifted children not only
  learn faster than average or even bright children but also learn in a
  quantitatively different way.

③ A "rage to master"- Gifted children are intrinsically motivated to make sense
  of the domain in which they show precocity.




① それぞれの得意分野、領域において早熟であること。
  平均よりも早く学び始め、簡単に習得してしまうので、プログレスやマスターするのが早い。

② マイペースであること。
  ギフテッドの子は平均、又は賢い子たちよりも学ぶのが早いだけでなく、習得の仕方などに
  おいても質的な違いを見せる。

(これは、通常の方法やルールなどに縛られる事なく、独自の考え方ややり方、学び方、ルール
 などに従い、型にはまらずマイペースであるという事だと思います。)
  
③ ”(興味関心分野を)極めようとする激しい欲望
  ギフテッドの子は自らの得意分野にて、内発的モチベーション(褒め言葉や物質的な褒美など
  の外的報酬ではなく、好奇心や探究心、達成感などが元になった、自己の内側から湧きおこる
  モチベーション)が強く、とにかくその分野を”マスターしたい(極めたい)という激情を抑
  えられない、激しく渇望する。

  
赤ちゃんの頃から今までの∫を見ていて感じるのですが、この子はとにかく③の”rage to master"
の特徴が顕著で、小さい頃から数字や数学に関するものに対して、とてつもない興味関心、熱中ぶ
り、ハマり具合を見せ、その傾向は年月が経っても衰えることなく、(むしろ更に拍車がかかった
ように)未だに小さい頃と同じように、目をキラキラ、胸をワクワクさせて、これらの活動に浸っ
ています。


数学を追求するのは決して楽しいばかりではなく、確かに時にはもがき苦しむこともあるみたいで
すが、それでも”極めたい”という強い欲望に駆られ、諦めずに粘りしつこく続けて行っているよう
であります。(苦笑)


尚、これらのコンセプトは、以前にもこのブログで紹介したDr. Ellen Winnerによる、
Gifted Children: Myths And Realitiesの中に出てきますので、興味のある方、是非、チェッ
クしてみてください。


おっ!なんと!日本語版も出ているようですね〜!


a0332222_10072532.jpg


The Curious Life of ∫より転載)

ランキングに参加しています。
応援のクリックを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 教育ブログ ギフテッド教育へ

[PR]
by giftedinfo | 2017-11-19 06:33 | Characteristics

アメリカ在住。2e (Gifted & ASD)の子を持つママがこれまでネットや本、ペアトレ、ワークショップなどで収集してきたギフテッド/2Eに関する情報や、我が家が実際体験したギフテッド関連の事などを記録しています。My 2e kidのカテでは息子の自慢話も盛りだくさんですので、親バカ恐怖症の方は要注意!


by あーちゃんママ
プロフィールを見る