2017年 07月 07日 ( 1 )

ADHDとGiftedについての記事

少し前のものですが、(2011年)こちらのお馴染SENGのサイトでADHDとギフテッドに関連
した記事を目にし、”なるほどねぇ”と思った箇所があったので、個人的な覚書&情報のシェアと
してリンクしておきたいと思います。


この記事の中で私が特に(ほほぅ…)と思った部分というのが、ADHD or Gifted: Either or
Both?の部分で、


”この中で、Silverman (1998)は、専門家達の中には、ギフテッドの子供が関心度が高い活動
に没頭している時のように、集中力の維持を示している子供はADHDであるはずはない、と誤っ
た憶測をしてしまう者もいると述べている。端から見ると、子供はその他の刺激は忘却の彼方に
消え去ってしまうかのごとく、一定の作業に没頭してしまっているように見える為、ADHDであ
る可能性を見過ごしてしまう恐れがあるというのも理解できる。こういったうっとりと魅せられ
て熱中している状態は良く”フロー”(Csikszentmihalyi, 1990)と表現されるけれど、同時に
ADHDの個人が頻繁に体験する、よく似たコンディションである”過集中”(ハイパーフォーカス)
である可能性もある。”



”ビデオゲームやコンピューターゲーム、娯楽の読書など、持続的に強化され、”自動的”な(余分
な努力を必要としない)活動は、ADHDの子と、そうでない子を見分けることができないが、
力を要する作業においては見極めが可能とも言える。ギフテッドの本質として、ギフテッドの子
達は”努力を必要としない”と見られるタスクの範囲が広い為、明らかに困難を抱いているけど、
(機能的に)影響が少ないADHDの子供よりも、ADHDであることが明確に見え難い。”



”近年の研究結果によると、ADHDのギフテッドの子は特にこの”フロー”の状態、又は”過集中”を
示す傾向があるとのことである。これらは”タスク・コミットメント”(作業に対する献身、深い
関与、責任感)に関してポジティヴな面ともなり、又、意欲の表れでもあるけれど、子供が1つ
の作業から別の作業へ移行するように指導された場合、問題ともなり得る。よって、認知的には
この状態はプラスとなる一方、態度、行動面においては問題を引き起こす可能性もある。さらに、
ADHDは”集中を維持することができない”ことが特徴なのではなく、どちらかと言えば、”本質的
に満足感が得られない/努力を必要とする作業に対し、必要に応じて適切なアテンションを調整す
る能力が欠けている”と特徴付けられる。そう言った作業は、残念ながら、ギフテッドプログラム
を含む、学校で一般に必要とされている多くの作業の特徴である。”



”ギフテッドの誤診は望ましくはないけれど、見落としによる診断ミスは同じように重大であり、
もしかしたらギフテッドの生徒の間ではもっと一般的かもしれない。こう言った困難は、生徒の
強み(長所)への過度の依存が、気がつかないうちに障害を覆い隠してしまう場合に生じる。
強みを強調することは主に生徒のギフトと才能にハイライトを当てる一方、そうすることにより
現実の状況が除外されるわけではなく、実際、生徒は自分の能力を維持することに困難を感じる
為、自ら(の能力)に対して不信感を抱くと言ったさらに酷い状況へ導くことになりかねない。
子供がADHDでありながら、かつ、ギフテッドでもあるということを認識し、各子供において、
これらのコンディションそれぞれがどのように相互に影響し合うかを探ることが、誤った二分法
(ADHDかギフテッドのどちらか?)に悩み苦しむよりも、問題に対してもっと生産的な見方で
あろう。


ギフテッドとADHDの共存の現実考えると、問うべき問題は”ADHD、それともギフテッド?”で
はなく、むしろ、”この生徒はADHDによってどれほど機能の面で影響を受けているか?”である
べきだろう。

(Attention Deficit disorders and Gifted Studentsより抜粋)


以上、私自身、ごく一般のギフテッドの特徴や性質を、発達障害、又はその他の精神疾患の症状
に当てはめて、必要以上に病理化して見てしまい、最も簡単に診断のレッテルを張ったりなど、
「誤診」に対してはかなりの警戒心を抱いているものの、実際、子供が明らかに困難や問題を見
せている場合などは、この記事の著者の言う通り、ギフテッドかADHDか?のどちらか一方のみ
に答えを見出そうとこだわって、よく調べもせず(又は専門家の個人的な意見や見方をそのまま
鵜呑みにしたりして)障害の可能性をはねつけてしまったりして早まった結論を出すのではなく、
ギフテッドとADHD両方である可能性(2E)も認識し、実際に子供が示している問題点や課題に対
しての支援や対策に目を向けることも大切ですね。


ボトムライン、子供に関しての適切な”判断”の為には、親や学校側が正しい知識や情報を心得て
いて、物事を正しく見極める能力(批判的思考力)がとても重要になってくるなと再度思い知ら
されました。


子供が人一倍の”集中力”、”集中持続力”を見せるからといって、アテンションの問題がないとは
言い切れない。要は、”自分が興味のない事、意識的に努力を必要とする作業や作業間の移行に
おいても、適切な注意が払えるかってとこがキーポイントというのに納得してしまいました。


The Curious Life of ∫より転載)

ランキングに参加しています。
応援のクリックを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 教育ブログ ギフテッド教育へ

[PR]
by giftedinfo | 2017-07-07 07:42 | Twice-Exceptional

アメリカ在住。2e (Gifted & ASD)の子を持つママがこれまでネットや本、ペアトレ、ワークショップなどで収集してきたギフテッド/2Eに関する情報や、我が家が実際体験したギフテッド関連の事などを記録しています。My 2e kidのカテでは息子の自慢話も盛りだくさんですので、親バカ恐怖症の方は要注意!


by あーちゃんママ
プロフィールを見る