<   2014年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

どっちの言い分もわかる

少し前に出回ったKhan Academyの創立者、 Salman Khanによる記事に対して
Gifted Identity Projectという機関が発表した声明に目がとまったので、
ここで両方の記事のリンクを記録しておきたいと思います。

まず、こちらがSalman Khanによる記事です。




そしてこちらがその記事に対するGifted Identity Projectの反応であります。




Well intended headlines sometimes harm... Recently, an article was
widely distributed by the Khan Academy, highlighting the positive
impact that a growth mindset has on learning. While there can be little
doubt that possessing a growth mindset makes a difference in a student’s
motivation and learning, like many articles about the subject of mindset,
this one also contained wording that over- generalized and extrapolated
on the growth mindset study. Sadly, the common belief of this mis-information
has had a negative impact on the gifted population. The headline, article,
and accompanying short video support a cultural belief that:

1) everybody is born with identical intellectual potential, and that you
  “get smart” by what you learn, thereby equating intelligence with
  knowledge and skill and

2) telling a child they are intelligent is harmful.

Confusing intelligence with knowledge or achievement is to deny what
giftedness really is. Giftedness permeates every aspect of an individual’s
being. Being gifted is innate and as such, is a part of who a person is,
not what a person does or achieves. In fact, many gifted individuals go
through life unidentified because their giftedness is not exhibited according
to society’s perception of what it should look like. Further, because of the
intensity of that internal experience, gifted individuals often feel different
than others from a very early age. Without an explanation as to why they
feel different, many gifted people grow up thinking that there is something
wrong with them. Psychologists that work with this population usually
encourage parents to have a conversation with their children about their
giftedness so that they can grow up with a healthy self- identity. When
we tell natural athletes that they are good at sports, they try harder. When
we tell musicians they are good, they work harder. It is similarly o.k. to tell
your gifted child that they indeed have a brain that works differently than
others, but even though they are intelligent, learning to work hard will help
them to have a fulfilling life.

ONWARD !!!

If you agree, please share. As a community we need to speak out.



の原理も理解出来るし、”学習”に関しては効果的なコンセプトだと思うのですが、
でも逆に「誰しもが生まれた時は平等の「知的ポテンシャル」と言うものを持
っていて、誰でも学習や勉強をすれさえすれば”賢くなる”、いう概念を強調し過
ぎてしまうと、(一般層にとってはベネフィットとなるとは思いますが)もしか
したらある一定のギフテッドの層の子達にとっては、自らの特性が認められない
(又は否定された)かのように受け取り、精神的にネガティブな影響を与えて
しまう恐れがあるかもしれませんね。


Gifted Identity Projectの文章の中の、緑色の文章は私が個人的に賛同する
部分で、これまでまわりに数多くの「人並み外れた頭脳や才能の持ち主」を実際
目撃して来た私としては、根性(grit)やマインドセット、練習/学習時間といった
要因だけでは簡単に説明出来ない、何やらミステリアスな”要因”の存在を疑わず
にいられず、”everybody is born with identical intellectual potential,”という
見方に同意できなんですよねぇ。


私はあーちゃんにも、本人が周りと比較し自分の特性に気がつき始めた頃から
あえてギフテッドという言葉や実際のIQ数値などを持ち出す事なく本人の”脳の
特性”を説明していますし、実際、あーちゃん自身も日常生活や学校生活の中で
「自分の脳は一般よりも学習に関して効果的に作動(機能)する」というのを
強く実感しているようで、それに、最近ちまたで崇められている、根性やら根気、
努力、姿勢や態度、(マインドセット)学習に費やす時間や技巧などの要素が
プラスされ、まさに「鬼に金棒」的な実績やアチーブメントも達する事ができる
という事を認識しているようです。


だからどちらの言い分もわかりますし、どちらもそれぞれ見方によっては正論
ではないかと思うのですが、要は自分の子の特質に応じて、親がその子にとって
心身、知的成長に最適な概念やセオリー、実践法を応用して行けばいいんでは
ないかと思います。


ちなみにうちの場合はあーちゃんの知的ポテンシャルは大いに認め、尚且つ
「しなやかマインドセット」のコンセプトを適用しています。



ランキングに参加しています。
応援のクリックを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by giftedinfo | 2014-09-07 12:35 | What is Gifted?

アメリカ在住。2e (Gifted & ASD)の子を持つママがこれまでネットや本、ペアトレ、ワークショップなどで収集してきたギフテッド/2Eに関する情報や、我が家が実際体験したギフテッド関連の事などを記録しています。My 2e kidのカテでは息子の自慢話も盛りだくさんですので、親バカ恐怖症の方は要注意!


by あーちゃんママ
プロフィールを見る