ギフテッドの行動マネージメント②

ここのところ少しばかり時間と気力があるので、この機会を利用して、昨日の記事で取り上げた
情報の中に出てきた行動マネージメントの部分を訳しておこうと思います。

ここに出てくる対処法は、お子さんの問題/気になる行動に困っている方にとって、すぐに実践
できる、とても役立つ情報ではないかと思います。

今回も一応念のため、オリジナルの記事をリンクしておきます。


Behavior Management (行動マネージメント)


問題行動を最低限に抑える為に、子供の環境を構造化(ストラクチャー化)することができる。
周りが混沌状態で、一貫性がなく、予想がつかないと、子供はその環境と似たような行動で反応
する。環境が構造化されていると、子供は物事に対して予期する事ができ、うまく適応し、適切
に従う傾向にある。 子供にとって”外側の前頭葉”のような役割となり得る「構造化された環境」
を設定する為には、親やその他の大人が以下の事を実行する必要がある:


前もって計画する:日々のルーティーンを設定し、きちんとそれらに従わせること。ルーティン
          があると、失敗をしにくい。(失敗の機会を減らす)

予期する:新しい環境に入る際、変化やルーティーンの中断などについて、子供よりも一歩先に
      進んで状況を予測し、この後の行動について子供に期待することを説明する。
    
あらゆる手段や策を開発する:気持ちを落ち着かせるテクニック、気晴らし、好ましくない行動
               の代替となる、別のオプションを与える。

予告編:次の発達のマイルストーン(段階)を予期し、悲惨な失敗の機会に直面する事なく、そ
     の段階に到達する事ができるように適当な期間(時間)を与えてあげる。


先制攻撃を仕掛ける:取り返しがつかない時点を過ぎる前に行動を阻止する。秘訣は子供が厄介
           な状態に陥る前にキャッチすることで、それにはどのような状況が問題行
           動(メルトダウンなど)を引き起こすか親が(トリガー)を把握している
           事が必要である。


介入:問題行動が起こった時、介入は短くて頻繁に行われるべきである。怒りの感情は抜きで、
    子供の気持ちを落ち着かせるものであるべきだ。脳の前部にコントロールを取り戻させる
    為に、脳の後部を落ち着かせることが目的だという事を忘れないように。
    以下が介入の5つのステップである。


1. 準備:(子供に)それはコントロールを取り戻す為の手段であることを説明し、どのような
     しつけをする(罰を与える)か、子供に前もってわからせ準備させる。しつけ/懲戒の
     プロセスを数日間にわたって話し合い、子供にそれを受け入れさせる。子供がそれら
     をわかっていたら、(何が起こるか予期できたら)脳の後部に過度な刺激を与える事
     もなく、よって、前頭葉系に必要以上の刺激を氾濫させる事もない。


2. プレヴュー:子供の次のロジカルな動きや行動が何であるかを予期でき、又、どういった状況
        が好ましくない行動の引き金となるのかを把握する為にも、子供と同調している
        事が大切である。こう言った知識が落とし穴(隠れた危険)を避け、ルーティン
        の中断の際のプランを立てるのに役立つ。


3. 先制攻撃:取り返しのつかない時点を過ぎる前に行動を妨げる。子供が刺激を受け過ぎて、
       コントロールを失う寸前の瞬間を認識する。


4. 撤退:(問題行動を起こしている)状況から子供を引き離し、落ち着かせるのを目的とした
      介入に関わらせる。


5. 修正:一旦子供が落ち着いたら、引き離された原因となった行動を修正するために、その現
     場へ子供を戻す。子供に謝まらせたり、癇癪の後の片付けをさせたりする場合も。


(Behavioral Management Of Gifted Children: A Neuropsychological Approachより)


以上、ざっとまぁ、こう言った意味だと思います。


これらを読んでいると、基本的には∫がやっていたABAの行動マネージメントと同じような感じ
で、なんだか懐かしくなってしまいました。

こう言った行動管理で大切な部分は、”一貫性”で、一度ルールや”契約”を子供と交わし、認識し
たら、それらは”徹底する”ということですね。

親がその日の気分によってルーティンや規則を破ったり、契約通りに従わなかったりした場合、
子供は混乱したり、親に対する信用を失ったりして、よっぽどビヘイビアが悪化したりします
しねぇ。(経験済み。😂)

でもそれらにきちんと従うことができ、上記のストラテジーや対策を実行していけば、行動的
な面でかなり効果は見られるのではないかと思います。


The Curious Life of ∫より転載)

ランキングに参加しています。
応援のクリックを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 教育ブログ ギフテッド教育へ

[PR]
by giftedinfo | 2017-11-30 05:58 | Social/Emotional

アメリカ在住。2e (Gifted & ASD)の子を持つママがこれまでネットや本、ペアトレ、ワークショップなどで収集してきたギフテッド/2Eに関する情報や、我が家が実際体験したギフテッド関連の事などを記録しています。My 2e kidのカテでは息子の自慢話も盛りだくさんですので、親バカ恐怖症の方は要注意!


by あーちゃんママ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30