賢くてもマナーが欠けてたらねぇ

掃除嫌いの私ですが、やっぱり家の中がスッキリときれいな状態で年を越したいと思い、今年は
重たいレイジーな腰をあげて、ここ数日の間ほどほぼ一日中、年末の大掃除に勤しんでいます!

(その為、疲れてしまって2日間もブログの更新を怠ってしまいました。苦笑)

掃除のついでに、自分や∫のクローゼットの中に長年眠っていた、(でも多分、この先、使用する
ことがないであろう)服やバック、その他諸々の物も思い切って処分しましたよ〜。

長年、所持してきたものを手放すのは最初はちょっと抵抗あったけど、ボーイズ&ガールズクラブ
などの地元の福祉機関への寄付行きの箱にどんどん投げ込んで行くと、捨ててしまうのではなく、
これらがまた、誰かの役に立つかもしれないんだという気持ちが湧き、それからは抵抗なくかなり
の物を処分しました。

∫の本などは、寄付する前にまず、個人家庭教師をしている教え子のA君へ好きなものを選ばせる
そうです。

数学や科学関係の本とかたくさんあるので、似たような興味関心を持つA君はきっと大喜びするん
じゃないでしょうか。

さて、本題に入りますが、大掃除&断捨離の合間にネットでふと、読んだこちらの記事がなかなか
素敵だと思ったので、シェアさせてもらいますね。



14歳でUC Berkeleyに入学した数学が得意な少年の話なのですが、この少年、正式に入学した時
点(それまではバークレーにはパートタイムで受講していたらしい)ですでにジュニア(大学3年
生)に匹敵する単位(60単位以上?)を修得していたにもかかわらず、リサーチをしたり、数学
の教授とのコネクションを築いたりする為のエクストラな時間を持つ為、フレッシュマン(1年生)
としてスタートしたらしいんですよ。

こういう選択もありだと思います。

∫も高校時代のDual Enrollment(高校と大学の両方の単位として認めてくれる)で修得した数学
や英語などの大学の単位が43単位、(大学が認めてくれる場合)APが30単位と、全部で73単位
あるので、それらが全てトランスファーできる(認めてくれる)とジュニアくらいから始められる
のですが、∫もこの少年と同じく、新しい大学ではフレッシュマンとして”オナーズ”の数学のコース
を取り直す、などと考えているみたいです。

(特に数学が優れている大学の”オナーズ”のプログラムとなると、一般州立大であるUNRで履修
した数学のコースはレベル的に不十分だと感じるみたいなので。)

あと、この記事の最後の方に出てきた、

”Prodigies are common in math," shrugged Professor Jenny Harrison, who taught
Ajay in honors linear algebra last semester and couldn't help but notice him
because he sat front row and center." (中略)

"If Ajay is extraordinary, Harrison said, it's not because he's good at math.

"He listens well," she said. And in the class's online forums, whenever Harrison
answered Ajay's questions, he did the most impressive thing of all.

"He'd say, "Thank you, Professor."

(Life adding up for Cal's 15-year-old math whizより抜粋)

という部分を読んで、私も大いに同感!

そうなんですよ〜!彼みたいに数学が著しく優れた子達って結構、いたりするんですが、(特に
カリフォルニアのベイエリア辺りには!)その中で自らの能力やスキルに対して謙虚な態度を示
し、基本的なマナーを備えている子っていうと、さぁ、どうなのか?って思ってしまいます。

以前、∫が参加したBerkeley Math Tournamentでも、参加者達が優れた数学の能力の持ち主
だったというのは疑いがないのですが、でも、中には(かなり多くの子が)ランチを食べた後、
包み紙やドリンクのカップなど、ゴミ箱に捨てずにそのままゴミを残しているのを見て、

(いくら賢くてもこんな基本的なマナーが欠けているのはねぇ…120.png

などと思ったのを覚えてます。

a0332222_13104039.jpg

ゴミはきちんとゴミ箱に捨てる、人の話はちゃんと聞く、人に何かしてもらった時はきちんと
”ありがとう”とお礼を言う!

勉強ができる、何かが得意であるという前に、一人の人間として大切な事ですよね。

∫にはこういう基本的なマナーや礼儀がきちんと備わっている子に育って欲しいなと思います。

(今のところ、とりあえずきちんと守れているようなので安心です。)


The Curious Life of ∫より転載)

ランキングに参加しています。
応援のクリックを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 教育ブログ ギフテッド教育へ

[PR]
by giftedinfo | 2018-01-21 08:21 | HG/PG

アメリカ在住。2e (Gifted & ASD)の子を持つママがこれまでネットや本、ペアトレ、ワークショップなどで収集してきたギフテッド/2Eに関する情報や、我が家が実際体験したギフテッド関連の事などを記録しています。My 2e kidのカテでは息子の自慢話も盛りだくさんですので、親バカ恐怖症の方は要注意!


by あーちゃんママ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30