受験生の皆さん、お疲れ様でした!

*今日は4月1日で、アメリカの大学に受験した皆さんのほとんどが、この日までに合否の結果を得
たのではないかと思います。

(*オリジナルの記事を発信した日付)

受験生の皆さん、長期間に渡るアメリカの過酷な大学受験のプロセスがやっと終わり、本当にどう
もお疲れ様でした。

中には望むべき結果を得ることができ、大喜びの人もいることでしょう。

希望の大学に合格された方、おめでとうございます!

そして中には思うような結果が得られず、落胆している方もいらっしゃると思います。

たとえ、自分が望む大学に合格できなかったとしても、それは必ずしも自分に実力が足らなかっ
たとか、能力が欠けているとかではないので、自分を責めたり、自信を失ってしまうことがない
ように願っています。

(アメリカの大学受験はこちらがコントロールできない、”外的な要因”や”運”などもかなり関わっ
てくるので、これはもう、ある程度、なるようにしかならないと思いますね。)


最終的にどの大学へ行くことになっても、大切なのはどこへ行こうが、これからも常に学びに対す
る情熱や渇望の気持ち、チャレンジ精神を抱き続け、思っきり学び、思いっきり遊び、生涯続くよ
うな素晴らしい友情関係を築き、楽しく有意義なカレッジライフを送ることだと思います。


まぁ、今の段階ではつい最近の、”不合格の嵐”に襲われ、まだ気持ち的に立ち上がれきれてなくて、
お先真っ暗的なムードになっているギフテッドのティーンも決して少なくないと思うので(数年前
の少し古いものですが、)私のお気に入りのブログにあった記事が参考になるので、リンクしてお
きたいと思います。(英語ですが。)


(バークレーが”がっかり組”だったうちも、この記事が参考になります。苦笑)


まぁ、でも∫は大して落ち込んでいる様子もなく、その後も様々な活動に勤しんでいるのでよかっ
たですが。

The Curious Life of ∫より転載)

ランキングに参加しています。
応援のクリックを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by giftedinfo | 2018-04-12 06:59 | Gifted In General

アメリカ在住。2e (Gifted & ASD)の子を持つママがこれまでネットや本、ペアトレ、ワークショップなどで収集してきたギフテッド/2Eに関する情報や、我が家が実際体験したギフテッド関連の事などを記録しています。My 2e kidのカテでは息子の自慢話も盛りだくさんですので、親バカ恐怖症の方は要注意!


by あーちゃんママ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30