人気ブログランキング |

デイビソンアカデミーの卒業生

私たちがまだネバダ州に住んでいた時、息子は中学高校時代、地元の数学クラブに所属していました。

クラブのメンバー達の中には、地元(リノ)のギフテッド専門学校であるデイビソンアカデミーの生徒達
もかなり多く参加していて、息子も彼らと一緒にクラブ活動を楽しんだり、チームを組んで州内や州外の
数学コンテスト遠征に参加したりして、彼らとの交流を楽しんでました。

デイビソンアカデミーについて詳しくは↓こちらへどうぞ。


メンバー達が高校を卒業し、それぞれ違った大学、地域に行ってしまった後でも、彼らとの交流は未だに
ネットを通して続いているようです。

(現在、息子が取り組んでいる数学関連のプロジェクトも、彼らと一緒にやっているみたいですし。)

やっぱり同じものに対して強い情熱を抱き、一緒に青春時代(うわっ、なんかめちゃくさい表現〜!笑)
を分かち合ってきた仲間達の絆は強いですね。

自分と似たような仲間達(知的面や興味関心など)の中だと、装う事なく、ありのままの”自分”でいられ
るので、本人達も精神的にも心地よいのだと思います。


ギフテッドの子達にとっては、学校ではこう言った帰属意識を感じる仲間達との交流の機会はなかなか得
られないかもしれないけれど、こんな風にクラブとか習い事とか、学校以外の課外活動の場所でそのよう
な機会も見つけられると思うので、それらも一つのオプションではないかと思います。

(中学高校と、学校ではかなり浮いていた息子も、数学クラブでは自分と同じ様な仲間達との交流をすご
く楽しみ、精神面での大きな救いとなってたようです。)


前置きが長くなってしまいましたが、(苦笑)先日、デイビソンのFBのサイトで、アカデミーの卒業生達
が自らの体験や思った事を話している動画を見つけ、その中には息子と親しくさせてもらっていた、(現
在進行形で”いる”ですが、)元数学クラブのメンバー2人がいて、彼らの話を聞いて嬉しくなってしまい
ました〜!

その中の一人は現在、息子がインターンシップをしているオンライン数学サイトで、同じくカリキュラム
コーディネーターや教科書、参考書作成などをしている青年で、実は息子は彼にリクルートされたみたい
です。

息子もこの動画を見ながら、嬉しそうに終始、微笑みを浮かべて彼らの話を聞いてましたよ。


一見、全ての分野において満遍なくグローバルなギフテッドで、困難や悩みなど無さそうに見える彼らで
すが、こうやって話を聞くと、彼らも彼らなりに克服する課題やチャレンジがあったんだなぁと、改めて
ギフテッドの子達の特別なニーズの存在を感じさせられましたし、それらに対する対応の大切さを再認識
させられました。

皆さん、これからもそれぞれが選んだ道を頑張って進んで欲しいなと思います。




ランキングに参加しています。
応援のクリックを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
by giftedinfo | 2018-12-24 15:22 | Gifted In General

アメリカ在住。2e (Gifted & ASD)の子を持つママがこれまでネットや本、ペアトレ、ワークショップなどで収集してきたギフテッド/2Eに関する情報や、我が家が実際体験したギフテッド関連の事などを記録しています。My 2e kidのカテでは息子の自慢話も盛りだくさんですので、親バカ恐怖症の方は要注意!


by あーちゃんママ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30